厄介なシロアリの調査を専門業者に依頼して快適な住まいを守ろう!

住まいをボロボロにするシロアリの調査はプロに任せるのがベスト

害虫による被害を放置するのは危険

生活を脅かす可能性があるシロアリなどの害虫は、早めに駆除しておく必要があります。

事前調査でシロアリによる被害の確認

業者にシロアリの駆除を依頼する前に事前調査が必要になる理由を確認しよう。

アリ READ MORE

信頼出来る業者にシロアリ駆除を依頼

厄介なシロアリを確実に駆除するなら、信頼性が高い業者を探すと良いですよ。

シロアリ被害 READ MORE

専門業者に依頼して効果的なシロアリ対策を

シロアリの被害で困っているなら、プロに相談してみましょう!

全国各地に広がる害虫被害

白蟻

害虫の姿を1匹でも見かけたら注意が必要!

蒸し暑くなる季節は害虫たちが活発になります。初夏は特に害虫被害が多くなるものです。中でも厄介な存在として知られているシロアリは、放置すると大変な被害をもたらす可能性があります。もしもその姿を屋内・屋外で見かけたら、既に巣を作られていると考えて良いでしょう。シロアリは人目につかない場所に巣を作り、柱や壁を餌にしつつ、驚異的なスピードで繁殖していきます。

迅速に対応してくれる業者を探してみよう

市販の殺虫剤などを利用すれば、一時的にシロアリ駆除を行なうことが出来ます。しかし繁殖力のあるシロアリはすぐに増えてしまうので、より効果的な対策を行なわなければいけません。シロアリ駆除を専門的に行なう業者なら、被害状況を徹底的に改善させてくれるので安心です。プロならではの対応力でシロアリを駆除してもらえば、再発を予防する効果も得られるでしょう。

危険度が高いシロアリの種類ランキング

西日本全域に広がっているイエシロアリ

no.1

日本に生息するシロアリの中でも、イエシロアリは特に危険度が高い害虫だと言われています。茶褐色・黄褐色の個体で、100万匹という大群で巣を作ることも珍しくありません。

湿り気がある床下などを好むため、人目につかず発見に時間がかかることもあります。被害の規模が大きくなりやすいため、その姿を見かけたらすぐに業者に相談しましょう。

攻撃性が高いイエシロアリは噛みついてくる可能性もあるので注意が必要です。

全国的に被害を及ぼしているヤマトシロアリ

no.2

寒い地方を除く全国各地に生息しているヤマトシロアリは、湿った木材を好む傾向があります。イエシロアリほどの大群ではありませんが、数万匹で巣を作るため、被害は大きくなりやすいと言えるでしょう。

黒褐色の羽アリはヤマトシロアリである可能性が高いため、すぐに業者に調査を依頼することが大切です。

トイレやキッチンなど水回りを中心に繁殖していきます。早めに駆除しておけば被害が広がることはないでしょう。

外来種であるアメリカカンザイシロアリ

no.3

多くのシロアリが地下(土の中)から家屋に侵入してくるものですが、アメリカカンザイシロアリは飛来によって被害を広げていきます。

外来種として注目されているアメリカカンザイシロアリは、幅広い種類の木材を食料にするため、湿気がある・ないに関わらず繁殖していくことも特徴的です。

全国的に広がりつつある外来種の被害は年々増えてきているため、徹底的な害虫対策が必要です。業者にしっかり対応してもらいましょう。

シロアリ被害者たちの口コミをチェック

新築なのにシロアリが居た!(30代男性)

半年前にマイホームを購入しました。キッチンで羽がついたアリのような虫を発見したので、不安になって業者に見てもらうとシロアリだったんです。早い段階で気付けたので被害は少なかったです。

倉庫でシロアリの大群を発見(30代女性)

うちはガレージを物置みたいにして使っています。溜まった古本を捨てようと覗いてみると、気持ち悪いシロアリの大群を発見しました。あっという間に増えるんですね。すぐ駆除してもらいました。

木製家具がダメになりました(20代女性)

マンションなのでシロアリの心配はないと思っていたのに、いつの間にか被害に遭っていました。家具を移動しようとしたら木材のクズが。。。買ったばかりだったのにシロアリにやられていました。

リフォームする羽目になった(50代男性)

シロアリを見つけたので駆除を依頼しましたが、もう大分食われていたようで、大規模なリフォームが必要になりました。床下や天井裏なんて普段見ることはないものですし、本当にショックです。

被害が大きくなる前に対処することが重要

快適な暮らしを守りたいのであれば、シロアリによる被害をしっかり予防しなければいけません。そのためには専門業者の力が必要になります。自力で行なえる害虫対策には限界があるものです。プロに対応してもらえば確実に効果を得られます。

被害に気付くのが遅れると住まいの機能性が大幅に失われてしまうでしょう。まずは専門業者に調査してもらうことが大切です。どのような住まいにもシロアリの脅威が及ぶ可能性があるので、それをしっかりと頭に入れておくようにしましょう。